無資格・未経験からの介護職

経験の活かし方とアピール方法!介護士の転職について

今後高齢化社会が日本では、本格化します。誰しも慣れ親しんだ自宅で老後を過ごし、自宅で亡くなりたいという思いがありますが、病気になったり、体が自由に動けなくなったり、自分の介護をしてくれる人がいない場合はそうもいきません。

そこで今から10年ぐらい前に介護保険という制度ができ、もし自分の身の回りが自分ですることができなくなったら介護度に応じて、介護保険の支援サービスが使えるようになりました。

たとえば脳内出血や脳梗塞で脳血管性認知症になったとします。今まで自分の足で歩き、自分で食事をとれていた高齢者が、この病気をきっかけに様々なことが自分でできなくなり、家族や介護士の介護が必要になったとします。

こういう時にもし自分の家族が、身内が同じような病気になり自分なりに介護をした経験があれば、介護士として働くときに自分が介護した経験が役に立ちます。

脳血管性認知症となり、だんだん自分のことができなくなり、いらだつ高齢者の介護をしたとき、暴れたり、暴力をふるわれそうになったとき、どのように対応したらいいのかを自分の経験が、いろいろなシーンで活かし方があります。

身内の苦労を見て、介護した経験を生かして、全然違う業界で無資格・未経験でも介護士を目指して、介護士に転職する人もたくさんいます。

確かに介護の仕事は汚い仕事も多いですし、夜勤もあれば生活が乱れがちになるし、何よりも体が自由に動かせない高齢者の介護をするのだから体力もいります。

しかし今後高齢者が増えるのは確実ですし、人と人がダイレクトに触れ合うお仕事なので、やりがいがあります。

そんな時に身内に介護したことのある介護士なら、かなりのアピールポイントにもなりますし、高齢者との触れ合いもしやすいかもしれません。

転職する場合、やりがいを求めてとか、もう少し人と触れ合い、人の役に立ちたいと思っている人は、介護業界はそんな気持ちをフルに生かせるお仕事です。

ちょっとした感謝の気持ちや、やさしさで自分も生きていく力をもらうことができるのです。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 目標はケアマネジャー!無資格からの介護士転職でもステップアップ!…
  2. 資格がなくても大丈夫?介護士への転職
  3. 中卒でも介護士へ転職できる?介護業界に挑戦したいアナタへ

介護資格ピックアップ

介護認定の為の【主治医意見書】についてまとめ 介護認定の為の【主治医意見書】についてまとめ

介護認定を受けて、介護サービスを受けたいけれど、手順が分からない人は多いかと思います。介護保険の認定…

介護資格の勉強法。合格に近づくためのちょっとしたポイントを紹介! 介護資格の勉強法。合格に近づくためのちょっとしたポイントを紹介!

介護の資格を取得しようと思う場合、仕事や家庭と両立しなければいけない人は多いと思います。さらに勉強す…

介護の資格が必要な理由。仕事に活かせる資格であなたの価値を上げろ! 介護の資格が必要な理由。仕事に活かせる資格であなたの価値を上げろ!

最近は高齢化が進んでいることもあり、介護を必要としている高齢者が多くなっています。同時に、介護を仕事…

社会福祉士になるには?仕事内容は?難易度が高い資格なのか? 社会福祉士になるには?介護事務・福祉用具専門相談員も紹介

介護の資格には沢山の種類があります。人気のあるものないもの。需要があるものないもの。簡単なもの難しい…

ケアマネージャーの役割・仕事内容は?受験資格は? ケアマネージャーの役割・仕事内容は?受験資格は?

介護の求人を取るために、資格を取ろうとしておられる方も多いと思います。介護の資格には色々とありますが…

初心者の介護職員初任者研修。中級者の介護福祉士。まずは取得したい介護資格 初心者の介護職員初任者研修。中級者の介護福祉士。まずは取得したい介護資格

介護の求人を取るために、資格を取ろうとしておられる方も多いと思います。なので、今回から数回に渡って介…

スポンサードリンク

介護の仕事をしたい!

  1. ショートステイで働きたい方へ。勤務体制や人員配置・給料・必要な能力の解説 ショートステイで働きたい方へ。勤務体制や人員配置・給料・必要な能力の解説
  2. 就職前に知りたい!認定調査員の仕事や働き方。 就職前に知りたい!認定調査員の仕事や働き方。
  3. 作業療法士と理学療法士の仕事はリハビリ関連 作業療法士と理学療法士の仕事はリハビリ関連
  4. 介護未経験者がまず知っときたい、シフトの時間帯や勤務形態。「夜勤」と「宿直」の違い。 介護未経験者がまず知っときたい、シフトの時間帯や勤務形態。「夜勤」と「宿直」の違い。
  5. 介護施設の種類・サービスと役割をまとめて解説 介護施設の種類・サービスと役割をまとめて解説
PAGE TOP