介護の業界・職種の説明・概要

介護施設の種類・サービスと役割をまとめて解説

介護施設の種類・サービスと役割をまとめて解説

介護の仕事に就きたいと思いながらも、求人情報を見ていると、色んな種類の介護施設があることが分かります。ですが、その施設がどんなサービスを提供し、職員がどんな役割を果たしているかを知らずには選ぶ事はできません。
ということで、今回は様々な施設をまとめて紹介します。デイサービスやショートステイ、特別養護老人ホームなど様々です。

 

特別養護老人ホームの役割とは

通称は「特養(とくよう)」と言います。
身体や精神に障害などがあって、家庭での介護が難しい、65歳以上の高齢者が入所条件となる施設。要介護度が3~5の方々が入居します。入居したら、ここが住む場所となり、最後の瞬間まで、ここで暮らす施設となります。

要介護度が3~5の方々が入居しますが、実際には4~5くらいの方々がほとんどを占めていますので、自立に向けて積極的な介護を行うというよりは、日々の生活に寄り添う介護が中心です。つまりは話し相手・リハビリというような感じではなく、入浴介助や見守り介護ということが中心です。快適な毎日を過ごせるように、日々、サポートをするのが基準となる施設です。

 

介護老人保健施設の役割とは

通称は「老健(ろうけん)」と言います。
入所の基準はマヒやけがをしていたが、安定してきた高齢者を、入所期間の限度を原則3ヶ月として、家に帰せるようにリハビリする施設です。ですので特養に比べれば、動ける方々が多いのが特徴です。

とは言え、特養の空きが出るまで、特養代わりに使われているケースもありますので、寝たきりの要介護度が高い方も少数はいます。仕事は特養と若干違い、リハビリのお手伝いが主な仕事です。また動けるということはトイレ誘導など、誘導の仕事も中心となります。

 

病院の役割とは

病院に関しては、いろいろな患者さんがいますが、介護度で言えば、要介護度が4~5の方々が入ります。近頃は受け入れるベッド数が少ないせいか、最後まで見守るということは少なく順番待ちの状態ですが、業務自身は特養と同じような業務となります。

ただ特養以上に動けない方が多いので、介護職として働く場合は寝たきりの入院患者のお世話をするというような仕事が中心の内容となります。そうなると話し相手ということは出来ませんが、社会貢献や人命作業ということで、やりがいを感じられる方が病院の介護士として働いている方が多いです。そういった方にはおすすめです。

 

居宅介護サービス事業の役割とは

別名は「訪問介護サービス事業」といいます。通称は「ホームヘルプサービス」と呼ばれます。名前の通り、家庭に入っていき、1対1で介護をする業務内容です。ですので施設の方で働くというよりは、出張サービスみたいなものです。

ホームヘルプには主に「滞在型」「24時間巡回型」の2つがあります。滞在型は1時間から3時間くらい利用者の家に上がり込んで、介護サービスとともに、掃除や食事の支度など、さまざまなサービスを提供する仕事です。言わば介護サービス+家事サービスみたいな仕事です。次に24時間巡回型というのは、1件20、30分で、実働8時間の間で次々と利用者を回り、おむつ交換や安否の確認などを行うサービスです。

この2つが「ホームヘルプサービス」と言われますが、近頃の求人は、「滞在型」の方が多くなっています。

訪問介護と居宅介護の違いは?

これはよく聞かれることなんですが…実際、わかりにくいので解説します。訪問介護は介護する方法のことです。介護士などが字の通り自宅に訪問して介護をします。

居宅介護は介護の形態のことです。施設介護の反対語みたいなものです。施設介護⇔居宅介護。訪問介護・訪問看護・訪問リハビリ・訪問入浴などを広くカバーする言葉です。

 

訪問入浴サービス事業の役割とは

湯沸かし器を搭載した訪問入浴車で、利用者宅を訪問して、寝たきりの方々に入浴をしてもらうサービスです。3~4人のチームで、1日5~7件程度の利用者宅を訪問する仕事ですので、やる仕事と言えば、浴槽の組立作業、入浴補助が主です。故に体力が結構いる仕事ですし、協調性がある方ではないとやや厳しい仕事といえます。

ただ、この仕事が楽しすぎてハマってしまう方もいらっしゃいますので、「誰かの役に立ちたい!」と思われる方には、非常に良い仕事といえます。

 

デイサービス事業の役割とは

正式名称は「通所介護事業」と言います。午前9時頃から午後3時30分頃まで、在宅の高齢者を預かり、サービスを行う事業です。主に昼食や入浴、送迎、そういったものを補助するのが仕事の内容となります。ですので、こちらに来られる方は、介護度が比較的低い方です。

故に話し相手や散歩のお手伝いといったことも仕事の1つになります。近頃は介護保険導入されたため、単独のデイサービスも増えましたが、多くの場合は特養を併設させたり、別のサービスと共同でしていることもあります。2級ヘルパーなどの有資格者募集もありますが、デイサービスは制度上、無資格未経験の方でも、出来る仕事です。
やる気があれば、問題なく働ける施設です。

 

 

グループホームの役割とは

正式名称は「認知症対応型共同生活介護」と呼ばれています。要支援2、または要介護度1~5と認定されている方が対象で、認知症の患者であることも入所の条件です。

ヘルパーのケアを受けながら、家庭的な雰囲気の場所で、住まいとして暮らしてもらうのが特徴の施設です。
可能な範囲で入所している方が、料理を作ったり、家事を行ってもらうので、どちらかといえば自宅に近い状態で、過ごしてもらいます。ですので、職員の仕事内容は、あくまで入居者のサポートです。

グループホームはそもそも、医師はもちろんですが看護師も常駐しておらず、医療支援は最低限となります。そのため重篤者は入所できませんので、ほんわかしているような施設になります。また、夜勤などもあり勤務時間は17:00~9:00くらいが多いそうです。施設の規模によりますが1人体制のところが多いようです。

 

小規模多機能施設の役割とは

別名では「小規模多機能ケア」とも言います。一人ひとりの地域での暮らしを継続させるために、通い(デイ)だけではなく、泊まり(ショートステイ)や自宅への支援(ホームヘルプ)、住まい(グループホーム)などを一体的に提供する取り組んでいる施設です。

つまりは介護の複合施設といった特徴があるところです。高齢者一人ひとりの在宅生活を24時間365日連続的に支えるため柔軟性を持って対応しています。働く側としては、こちらも柔軟性を持って働く必要があるため、気遣いや精神力がいります。ただ柔軟性ゆえに、受け入れ人数を少なくしている施設もありますので、1人の職員の負担が減っている施設もあります。

 

ショートステイの役割とは

ショートステイには2種類あります。「短期入所生活介護」「短期入所療養介護」の2つです。ショートステイとは施設に短期間だけ入所して、食事や入浴といったサービスや機能訓練を受けるサービスで、利用できる期間は最長30日までとなっています。

短期入所生活介護とは、日常的な生活のサポートならびに、機能訓練などをしますが、医療サービスは受けられないサポートです。主に特養と併設されている場合が多いです。

短期入所療養介護とは、機能訓練と医療サービスが中心で、短期リハビリ施設みたいな形です。
故に老健や病院と併設されている場合が多いです。
そこまで日常生活のサポートはしていません。

仕事としては、短期入所生活介護で働くのか、短期入所療養介護で働くのかによって、業務内容が異なってきますので注意しましょう。

 

宅老所の役割とは

宅老所とは、家庭的な雰囲気のなかで、一人ひとりの生活リズムに合わせた柔軟なケアを行っている小規模な事業所と定義されています。今では同じような施設では、小規模多機能施設が主流となっていますが、1980年代から全国各地で始まった老人介護施設の草分け的存在です。宅老所の多くは施設という形ではなく、民家を利用したものが多く、その民家の中でサービスを行っています。

大規模施設では問題行動のある困った利用者の方々でも、このような民家で小規模な施設だと、正常な動きを見せる利用者もいるので、今でも重宝されている施設の1つです。こちらも職員として働くとしたら、小規模多機能施設と同じように、柔軟性ある対応をしていく必要があります。

 

福祉用具貸与・販売事業の役割とは

名前の通り福祉に関するものを貸し出したり、販売する業務です。車いすや介護用ベッド、歩行器、介護用おむつ、ポータブルトイレなどの販売をしているわけですが、これも特養との併設している場合もあります。近頃は単独型の店舗も増えてきました。

ただ、この仕事を事業とする場合は、「福祉用具専門相談員」という資格を持つ従業員が必要です。他の介護の仕事とは若干毛色が違います。専門員には、介護福祉士や看護職、理学療法士などの有資格者か、40時間の厚生労働省指定講習修了者がなれるのですが、元々営業職の方には就きやすい業務かもしれません。

 

以上、長かったのですが、主な介護施設の紹介でした。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 介護の本当の世界とは?働く時の資格・施設の種類

介護資格ピックアップ

介護認定の為の【主治医意見書】についてまとめ 介護認定の為の【主治医意見書】についてまとめ

介護認定を受けて、介護サービスを受けたいけれど、手順が分からない人は多いかと思います。介護保険の認定…

介護資格の勉強法。合格に近づくためのちょっとしたポイントを紹介! 介護資格の勉強法。合格に近づくためのちょっとしたポイントを紹介!

介護の資格を取得しようと思う場合、仕事や家庭と両立しなければいけない人は多いと思います。さらに勉強す…

介護の資格が必要な理由。仕事に活かせる資格であなたの価値を上げろ! 介護の資格が必要な理由。仕事に活かせる資格であなたの価値を上げろ!

最近は高齢化が進んでいることもあり、介護を必要としている高齢者が多くなっています。同時に、介護を仕事…

社会福祉士になるには?仕事内容は?難易度が高い資格なのか? 社会福祉士になるには?介護事務・福祉用具専門相談員も紹介

介護の資格には沢山の種類があります。人気のあるものないもの。需要があるものないもの。簡単なもの難しい…

ケアマネージャーの役割・仕事内容は?受験資格は? ケアマネージャーの役割・仕事内容は?受験資格は?

介護の求人を取るために、資格を取ろうとしておられる方も多いと思います。介護の資格には色々とありますが…

初心者の介護職員初任者研修。中級者の介護福祉士。まずは取得したい介護資格 初心者の介護職員初任者研修。中級者の介護福祉士。まずは取得したい介護資格

介護の求人を取るために、資格を取ろうとしておられる方も多いと思います。なので、今回から数回に渡って介…

スポンサードリンク

介護の仕事をしたい!

  1. ショートステイで働きたい方へ。勤務体制や人員配置・給料・必要な能力の解説 ショートステイで働きたい方へ。勤務体制や人員配置・給料・必要な能力の解説
  2. 就職前に知りたい!認定調査員の仕事や働き方。 就職前に知りたい!認定調査員の仕事や働き方。
  3. 作業療法士と理学療法士の仕事はリハビリ関連 作業療法士と理学療法士の仕事はリハビリ関連
  4. 介護未経験者がまず知っときたい、シフトの時間帯や勤務形態。「夜勤」と「宿直」の違い。 介護未経験者がまず知っときたい、シフトの時間帯や勤務形態。「夜勤」と「宿直」の違い。
  5. 介護施設の種類・サービスと役割をまとめて解説 介護施設の種類・サービスと役割をまとめて解説
PAGE TOP