未経験で介護士!転職するときのポイント

介護士の仕事は未経験でも職場はたくさんあるので、転職する先はあちこちにあるでしょう。
ポイントとして大事なのは人間関係です。未経験の場合、介護や福祉の資格を持っていないでしょうから、利用者との関係がどうかと周囲のスタッフとうまくやっていけるかどうかです。利用者が高齢者の方でしたら、お爺さんお婆さんが好きかどうかがまず見られるでしょう。身体障害者施設であれば、同じように身体障害者の利用者が好きかどうかです。

好きかどうかと尋ねられて、嫌いであっても仕事自体をしてもらえば、恐らく転職先として大丈夫です。
介護士の職場は、他業種からの転職者も珍しくないため、むしろ転職した後に続くかどうかの方が大事です。人によっては利用者の方がご立腹で、あの人(介護士)には部屋に来てもらいたくないとヘソを曲げる方も稀にみえます。ヘソを曲げるような方は、それなりに施設や病院に長くいて派閥を作っている事もあるので、こうなると厄介かもしれません。けれどこうした事は、周囲のスタッフの受け止め方によって何とかなる話でもあります。

そのため周囲のスタッフとの関係が、より重要な時もあるように思います。介護の資格を持っていない未経験の方の場合、未経験なだけに資格を持って意固地に我を張るようなタイプの方より、指導者から見ると素直と映るかもしれません。そうなれば、むしろ資格を持っていない事はプラスと捉えられて、その職場でどんどん知識を吸収して行きやすい環境が出来る利点が生まれます。

施設や病院といった場所では、先に就職しているスタッフが基本的に上になるため、自分がそれは違うのではないかと感じても、一旦胸に納めておくと良いでしょう。すぐに出してしまうと、人間関係的に後から入って来た者はどうしても不利な立場に陥り、場合によっては職場を去らなくてはならなくなる恐れもあるかもしれません。ある程度職場に慣れて、他のスタッフの何人かと良好な関係を築けるようになってから、徐々に話を切り出して行った方が、転職者に優しい職場が築けるのではないでしょうか。

 

SPONSORED LINK

合わせて読みたい!介護士への転職前に考えたいことの関連記事