需要が増える介護士への転職を考えてみた

介護士の転職に関しては、現在非常に需要が高まっています。高齢化社会と言われる昨今、今後の介護求人は非常に重要視されていて、国から支援されているのが現状です。
しかし、若者層にそういった意識が低いことから、少し介護転職という道筋は鈍化傾向にあるとされています。

介護士に求められるものは、人間関係を大切にできる暖かい精神をもった方、というような一部の競争の激しいサラリーマンの方からすると、かけ離れた仕事かもしれません。介護士も立派な職業の一つであり、自分もいつか介護されるかもしれないと、考えると大事な職業だと認識しなければなりません。

最近のニュースを見ると、介護士が老人のホームの患者を暴行するなど、認知症の方にわざと嫌がらせをしたりするなど、度が過ぎる行動があまた告発されており、決してあってはならないことです。介護士に転職を考えている皆様にとって、こうした事件は非常に踏み出しにくくなるニュースだと思います。

しかしながら、今の社会を考えると、必要不可欠な職業なのは確かであり、これから求人がもっと増えてくることは間違いないです。

20年後には65歳以上の方が日本人口の45%程になるといわれているのは、自明の理であり、私たちもこの現状をしっかり受け止めて、介護という職業をもっと活性化させなければなりません。

話は最初に戻りますが、介護士に転職をお考えの方は、

  • これから何をしていけばいいのか
  • 自分のやっていきたいことは何なのか

これらを考えて、その中で介護士をしたいと思うのであれば、非常に素晴らしいお考えであり、これからアナタのスキルアップにも繋がることも間違いないはずです。

今の時代は刻一刻と変化しており、今の職業が20年したら無くなることもあるかもしれません。その中でこれから先、自分が何年働いていかなければならないのか考え、「自分に持っているものは何か?」「自分が本当にしたいことは何か?」を判断し介護士という転職を選ぶことも検討されるのもいいかもしれません。

 

SPONSORED LINK

合わせて読みたい!介護士への転職前に考えたいことの関連記事