転職回数が多い介護士さんへ!転職で失敗しないコツ・考え方

カテゴリー: 介護士の転職を考える 

転職回数が多い介護士の方は、その回数を気にしない事をお勧めします。それだけ多くの現場を見て来た訳ですから、むしろ誇りに思って良いでしょう。

海外であれば、少しでも良い条件の職場があれば躊躇なく転職する方も大勢います。転職回数にめくじらを立てるのは、ひょっとしたら日本人くらいなのではないでしょうか?

そもそも今の日本では終身雇用制度が崩壊しています。会社があったとして、そこで定年まで働く人間が一体何人いるでしょう。
そう考えるとあなたの転職は、介護士としてのステップアップの位置づけで話を進める方が良いでしょう。

ただ終身雇用雇用制度が崩壊しているとしても、日本の組織の中ではあくまで転職回数について尋ねられる事はあると思います。けれど、あなたはそれを卑下する必要はありません。転職・退職理由など、人によって違うでしょうから。

けれど1つだけ注意すべきことがあります。
それは、あなたが転職する度に同じような失敗をしていないかどうかです。

人間は産まれてから大きくなるまで、本質的な性格は変わらないと思います。どんな職場へ行っても自分に合わない人間が必ず1人はいるものですが、そうした状況でよりベターな選択は無かったか想像してみると良いかもしれません。

大体若い時にした失敗を、人間は歳をとって更に同じような失敗を規模を増して繰り返すものです。介護士として、更にステップアップする上で、前回の失敗と思われるものがあったならば、一旦それは忘れつつも心の中に置いておくと、次に同じような失敗を仕出かしそうな時に、あなたの頭に閃く事があるかもしれません。

要するに同じような失敗を繰り返さなければ、たとえ転職を何度繰り返そうとも、後で自分自身に後悔が少ないのではないかと思うのです。

介護福祉士やケアマネージャーの国家試験を受けるにあたり、実務経験の証明書を以前の職場に発行して貰わなくてはいけません。こうした物は、書類を各職場に向けて郵送すれば、それで終わりかもしれません。けれど、出来ればあなた自身がステップアップして行っている姿を、かつての職場に見せる事が出来れば、それは本当にあなたがステップアップした事と言えないでしょうか。

よく私のサイトへ「転職回数が多いのは不利ですか?」という内容の質問がくるので、今回答えさせて板だ抱きました。

 

SPONSORED LINK

合わせて読みたい!介護士の転職を考えるの関連記事