高齢者が喜んでくれる!介護士のための転職情報

カテゴリー: 介護士の転職を考える 

今後4人に1人は65歳以上という超高齢化社会を迎えるにあたって、日本はますます平均寿命が延びています。しかし平均寿命は医療の発達によってのびているとはいえ、健康寿命はそうともいえません。

なるべく健康に元気に、自宅で老後を過ごしたいと誰しも思うものですが、何か病気になり、介護士らに介護してもらうことになったらそういうわけにもいきません。

在宅介護が理想とはいえ、家族構成は人それぞれ違います。最近では子供が独立し、老夫婦2人で暮らす高齢者世帯も増えてきました。子供世帯も仕事が休みのときは、介護のお手伝いができたとしても、自分たちの生活や家族があるため介護にそんなにウエートを置くことができないかもしれません。

そういう社会状況をふまえ、今から10年ほど前に介護保険という制度ができました。この制度を利用すれば在宅と施設の両立介護ができたり、どうしても家族だけでは面倒が見られなくなったら、特別養護老人施設などに入居することも可能になりました。

こういう施設にで働き高齢者と生活を共にしたり、コミニュケーションをしたりするのが、介護士さんです。

高齢者といっても様々な病気を抱えたり、認知症になっていたり、人それぞれです。

たとえば脳梗塞になり体が不自由となり、リハビリを兼ねてデイサービスに来る高齢者がいるかもしれません。

そんなとき介護士さんは高齢者の人が、生きる喜びを失わないように、時にはしかったり、時には励ましたりして見守らなければなりません。

介護士さんの仕事は体が弱った高齢者の手となり足となってかかわらなくてはならない、大変な仕事です。

なのでもし、介護士のような福祉業界に転職しようと思ったら、思いやりがあり、責任感のある行動を取る必要があります。

たった1つのミスで高齢者の命を失ったり、生きがいを失わせることにもなりかねないからです。

介護士はまだまだどこの施設もなり手があまりなく、転職すやすいと思われますが、半面仕事の内容はハードです。

しかしその分やりがいはあり、人間らしい充実した仕事をすることができます。

 

SPONSORED LINK

合わせて読みたい!介護士の転職を考えるの関連記事