安心できる施設がいい!介護士の転職

【ヘルパー】と【施設】。働く場合の介護士の給料の額はどちらが高いのでしょうか?私の経験からですが比較的高いのは施設の方でしょう。

ヘルパーの仕事は利用者の近くで1対1で対応出来てやり甲斐のある場面も多いですが、その反面、施設で働くスタッフのような夜勤手当といった、給料をより高くする要素が少ない事が多いです。そのため、施設で働く仕事の方が給料的に安心出来ると話す方も職場の仲間に結構います。

勘違いしてほしくはないのですが、別にヘルパーが悪い・施設が良いというわけではないのです。
働く職場の選ぶ基準は、介護士1人1人の働く為のモチベーションや価値観による選択が大きくものを言うので、どちらが良いという話ではないと思います。
ただ、「そうは言っても生活にはお金がかかるし、給料についても気になるよね」というのが人情と言ったところなのです。

施設の方が給料が良くても、場合によっては利用者の事故が多いところもあるでしょうから避けたい人もいますし、「介護の利用者にこんなサービスを提供したい」という確固たる目標をもって働く職場を選ぶ価値基準の人もいるでしょう。
給料でもやりがいでも目標でもなんでもいいので、あなたが働くモチベーションを維持し続けることができる職場を選ぶのが大切なのです。

逆に、もし価値観が違う・モチベーションが保てないと感じたり、給料があまりに少ないと感じるようであれば、転職に踏み切ると良いでしょう。普段から情報を集めておくと転職しやすいのですが、あまりに忙しくて、転職の準備すら出来ない方は、家族や友達など誰か助けてくれる人間をまず探すと良いでしょう。

また、最近は転職サイトの登録特典などで、色々転職のお世話をしてくれるサービスを提供してくれるサイトもあるので、まずは登録してみるといいでしょう(ちなみに、登録は無料です)

個人的に働く現場はこうあって欲しいと思うこと

よく福祉の現場で言われる言葉として、褥瘡(じょくそう)の数が多いのは介護ケアが悪いためだとする向きもあります。(※褥瘡:体とベッドなどの接触局所で血行が不全となって、周辺組織に壊死を起こすこと)

確かにあまり見栄えの良いものとは言えないでしょう。けれど、今の福祉・介護の現場ではあちこちの施設から利用者が送られて来る事もあり、褥瘡のある利用者が入って来る事も珍しくありません。

そのため、こうした事に対していかに対応出来る職場であるかと言うのが、働くスタッフとしても気持ちの良い安心出来る施設ではないかと思います。そのためには、看護師の数が少ない施設において、介護士1人1人が褥瘡の利用者を見つけ次第、看護師に報告して処置を施して貰うような連携プレーが出来るスタッフだと、素晴らしいと思います。

介護士として施設に転職する事を目指すのならば、自分も安心出来て、利用者も安心出来て、他のスタッフ同士でも連携し支え合い、安心出来る施設だと申し分ないのではないでしょうか。

 

SPONSORED LINK

合わせて読みたい!介護士へ転職・働いてわかったことの関連記事