介護士の転職サイトの上手な使い方は?~良い求人の見分け方編~

介護士の転職サイトを上手に使って良い求人を見つける時に大事な事は、長期で転職サイトを利用する事です。

どういうことかというと、転職サイトを1回見ただけでは見えない・気付かない事を、複数回チェック…つまり長く使っていくことで見える情報が増えてくるということです。
例えば、毎週のように転職サイトをチェックしていると、大体この施設やこの病院、この会社は、毎回、転職サイトに求人募集が載っている事に気付くでしょう。
そうした掲載回数の多いところは、介護士を大事に扱っていない確率が高く、辞めていく人数が多い職場である可能性が高いと推測できます。

基本的に企業では辞めていく人間が多ければ多いほど、転職サイトに求人を載せなければいけない分、転職サイトへの経費が多くかかります。経費がかかった分どこかで経費を削らなければいけませんが、削る場合、普通は人件費の削減が手っ取り早いでしょう。

これは上にいる人間(施設の経営者など)の考え方1つで変わるため、何とも言えませんが、介護士という仕事を考える時、人件費を抑える為に長期で働いている人間に辞めてもらって、その分転職サイトで宣伝する事で若くて人件費のかからない人間を雇う事の繰り返しをするパターンも考えられます。またはずっと長く仕事を続けてもらう場合でも、サービス残業で出来るだけ長く働いて貰う事で人件費を抑える企業も考えられます。

このような職場を見分けるために、実際に面接を受ける前に、その職場の内情を出来るだけ知っておけると、いざという時に貧乏くじを引かなくても良い結果を出せる筈です。
その為にネットの情報を良く調べたり、知り合いの口コミで内情をそれとなく聞いてみたり、普段からのあなたの行動が大事になって来ます。

転職サイトにせよ、ハローワークにせよ、情報をこれといって集めていなくても、比較的良い職場に当たる可能性が高いパターンは、急募とある介護士の募集です。これも普段から情報を調べておいて、毎回のように掲載されていないか確認出来るとなお良いですが、介護士の職場は女性の比率が多いため、たまに妊娠が突然発覚したりするパターンがあるのです。

普段から辞めそうな雰囲気のスタッフが辞めていく場合は、あらかじめ周囲も予想がつく事が多いため、通常の募集をかける傾向が強いように感じます。すべてはあなたの普段からの情報集めこそ、転職の鍵となるでしょう。

 

SPONSORED LINK